習い事のバイオリン

見た目だけでバイオリンにチャレンジしてみた

習い事として楽器に挑戦する方はたくさんいらっしゃいますが今回は、

 

見た目が格好良いバイオリンにチャレンジしました!

 

大人から始める楽器の習い事として多いのがハーモニカやギター、ピアノや楽器自体を使わないボーカルレッスンなどが,一番にまず挙げられるかと思います。
私を含めて、バイオリンやチェロなどの弦楽器は憧れを抱く方は多いのに、実際にチャレンジしてみる方が少ないです。

 

理由はいくつかあると思いますが、やはり一番の理由は非常に高価な楽器であるのと同時に、音楽のジャンルの中でもレッスン費用が高いからです。
周りを見ても、ピアノは習っていても、バイオリンのレッスンを受けてる人ってあまりいないですよね?

 

なんか、バイオリンって上流階級の富豪の趣味って感じです。←だから憧れているんですが笑

 

で、道具を揃えるために色々調べて見ると、

 

・バイオリン(本体)
・弓
・弦
・ケース
・弓に塗るための松脂

 

この辺りが必要だと言うことが分かりました。
バイオリン初心者だと、一万円で購入できた。

↑こんな感じのバイオリン。

 

当然独学では、出来ないのでバイオリン教室を探し、バイオリン教室の体験コースを受講しました。

 

バイオリン教室にて

先生の第一の印象優しそうでしたが、、僕のバイオリを一目で安価と見破り失笑。

 

「初心者でも5万円くらいのバイオリンでないと音が出ない」と言われ、僕の購入したバイオリンは、ほとんど使われることなくお蔵入りに、。

 

借りたギターで早速レッスンを受けますが、

 

本当に難しい、、、。

 

雅楽(ががく)で楽器に慣れたと勝手に思い込んでいましたが、全く音が出ません。
まるで、しずかちゃんです。

 


↑本当にこんな感じです。

 

そして、挫折笑

 

まぁ、大人になってからのバイオリンは覚悟を決めないと身につきません笑


このページの先頭へ戻る